ywork2020.com

Title

右基準位置から位置指定要素の水平位置を設定する

目次 (INDEX)

rightとは

ここで説明する right とは次の語句からなるCSSのプロパティです。
right
読み: ライト
意味: 右、右側

目次に戻る

rightプロパティの概要

このプロパティは、位置指定要素の水平位置を指定することができます。

位置指定要素とは position プロパティによって基準位置を指定された要素のことをいいます。

この right は、主に position が absolute 又は fixed の場合に使用することが多く、 このキーワードを設定している場合は、位置指定要素と包含ブロックの右辺との距離を指定します。

position が relative に設定されている場合は、位置指定要素の元の位置から左方向へ移動することになるので、 left を使用することをお勧めします。 しかし、この場合でも right に負の値を設定することで left と同様の結果を表すことができます。

目次に戻る

構文

サンプルを見る前に構文を確認しておきます。このプロパティの記述は以下のような書き方になります。

セレクター{right: 設定値;}

目次に戻る

実機サンプルとサンプルコード

ここからは実際のHTML要素にプロパティを適用させて結果を見ていきたいと思います。

ここでは、position プロパティに relative キーワードを設定したdiv要素を題材にします。 relative は自身の元の位置から相対計算による位置を決定するためのキーワードです。

目次に戻る

初期値: auto

初期値の auto は、自動で位置を計算します。

これは left プロパティの設定の影響を受けます。

div{
	background-color: ##pink;
	border: thin solid ##red;
	height: 200px;
	width: 200px;
	position: relative;
	right: auto;
}

目次に戻る

数値: 単位付き数値でポジションを指定する

単位付き数値でポジションを指定した場合、その通りの水平位置に配置されます。

ここでは、position プロパティに relative キーワードを設定しているので、 left を使用することをお勧めしますが、 right でも負の値を設定することで使用することが可能です。

div{
	background-color: ##pink;
	border: thin solid ##red;
	height: 200px;
	width: 200px;
	position: relative;
	right: -100px;
}

目次に戻る

パーセンテージ値: パーセントでポジションを指定する

パーセントでポジションを指定した場合、親要素の width の値にパーセンテージ値を掛けた位置に配置されます。

ここでは、position プロパティに relative キーワードを設定しているので、 left を使用することをお勧めしますが、 right でも負の値を設定することで使用することが可能です。

div{
	background-color: ##pink;
	border: thin solid ##red;
	height: 200px;
	width: 200px;
	position: relative;
	right: -50%;
}

目次に戻る

グローバル値

rightプロパティに対してのグローバルキーワードは以下の3つです。 ただし、このキーワードはブラウザによっては、完全に機能するかは分かりません。

  • inheritは親要素の値の継承を促します。
  • initialは値を初期値のautoに戻します。
  • unsetは継承の初期値に戻します。
    ※このプロパティは親要素の値を継承しないのが基本なので、initialと同じ働きをします。
セレクター{right: グローバル値;}

目次に戻る

補足説明

  • 位置指定要素に適用可能
  • 親要素の値を継承しない

目次に戻る

まとめ

ここでは、検証としてブロック要素とインライン要素に同じCSSを設定した場合の適用状態が確認できます。 コードの部分をクリックすると、サンプルにCSSが反映されます。

right: auto;

right: -20px;

right: -50px;

right: -25%;

right: -50%;

サンプル: ブロック要素

サンプル: インライン要素

目次に戻る