ywork2020.com

Title

配列の値の個数を取得する

目次 (INDEX)

length とは

ここで説明する Array.length とは次の語句からなる JavaScript のプロパティです。
Array
読み: アレイ
意味: 配列
length
読み: レン
意味: 長さ

目次に戻る

length プロパティの概要

ここで説明する length プロパティは Array オブジェクトのプロパティです。 これは配列の長さという表現であり、配列に格納されている値 ( 要素 ) の数を表しています。

このプロパティは配列の要素の数を設定、または取得することができます。

length プロパティは他の オブジェクト ( クラス ) にもありますが、オブジェクトにより、取得できる値は違います。

目次に戻る

構文

サンプルを見る前に構文を確認しておきます。

var arrLength = array.length;
array.length = arrLength;

目次に戻る

サンプルコードと実行結果 ( length の取得 )

ここでは 6つの数値が代入されている配列と 3つの文字値が代入されている配列を用意しました。 この 2つの配列の要素と length を書き出します。

サンプルコード: HTML
<body>
	<script>...</script>
</body>
  • 02: script (プログラムを実行します。)
サンプルコード: script
<script>
	let arrNum = new Array(0, 1, 2, 3, 4, 5);
	let arrStr = new Array("A", "B", "C");
	arrNum.forEach(element => document.write(element, " "));
	document.write("= length: ", arrNum.length, "<br>");
	arrStr.forEach(element => document.write(element, " "));
	document.write("= length: ", arrStr.length, "<br>");
</script>
  • 02: arrNum (6つの数値が代入されている配列です。)
  • 03: arrStr (3つの文字値が代入されている配列です。)
  • 04: forEach() (arrNum の参照できる値をwrite()で全て出力します。)
  • 05: write() (arrNum.length を write() で出力します。)
  • 06: forEach() (arrStr の参照できる値を write() で全て出力します。)
  • 07: write() (arrStr.length を write() で出力します。)
実行結果:

目次に戻る

サンプルコードと実行結果 ( length の設定 )

ここでは 3つの文字値が代入されている配列の length を5に変更します。 もとは 3つの文字値が代入されているので length は 3 です。これを 5 に変更するということは空の値が 2つ追加されるということになります。 更に、ここで push() メソッドを使って "D" の文字を追加します。

もとの length が 3であり、参照できない値が 2つ追加されて、最後に1つの値が追加されているわけなので、 結果を見ていただくと最終的な length は6になっているはずです。

サンプルコード: HTML
<body>
	<script>...</script>
</body>
  • 02: script (プログラムを実行します。)
サンプルコード: script
<script>
	let arrStr = new Array("A", "B", "C");
	arrStr.length = 5;
	arrStr.push("D");
	for(let i = 0; i < arrStr.length; i++){
		document.write(arrStr[i], " , ");
	}
	document.write("= length: ", arrStr.length);
</script>
  • 02: arrStr (3つの文字値が代入されている配列です。)
  • 03: length = 5 (length を 5に設定します。)
  • 04: push("D") ( "D" の文字を配列の末尾に追加します。)
  • 05-07: for文 (i は 0 から (arrStr.length - 1) まで 1ずつ増えます。)
  • 06: write() (arrStr[i] で 配列[インデックス] を書き出します。)
  • 08: write() (arrStr.length を書き出します。)
実行結果:

目次に戻る