ywork2020.com

Title

配列の各要素から条件を満たす最初の値を取得する

目次 (INDEX)

findとは

ここで説明するfind とは次の語句からなるjavascriptのメソッドです。
find
読み: ファインド
意味: 見つける

目次に戻る

findメソッドの概要

このメソッドは、引数に指定したコールバック関数の条件を満たす、最初の配列要素の値を返します。

目次に戻る

構文

サンプルを見る前に構文を確認しておきます。

  • callback: 各要素(各値)に対して実行するコールバック関数です。引数は1つからオプションを含め3つまで受け付けます。
  • value: 現在処理されている配列の要素(値)です。
  • index: 現在処理されている配列のインデックス番号です。
  • array: 呼び出し元の配列の全要素(全の値)です。
  • ThisArg: callback内で this として使用する値です。
var found = arr.find(callback(value[, index[, array]])[, ThisArg])

目次に戻る

サンプルコードと実行結果

ここでは arr という配列に [1, 2, 3, 4, 5, 1, 2, 3, 4, 5] という数値要素を代入したものを使っています。

find()メソッドのコールバック関数の条件には、値が5より小さく、かつインデックス番号は6よりも大きいものを探すようにしています。

配列の各要素に関数を実行すると結果として、2回目に出現する3の値が条件に該当する最初の配列要素となります。

[1, 2, 3, 4, 5, 1, 2, 3, 4, 5]

サンプルコード: HTML
<body>
	<script>...</script>
</body>
  • 02: script (プログラムを実行します。)
サンプルコード: script
<script>
	let arr = [1, 2, 3, 4, 5, 1, 2, 3, 4, 5];
	let found = arr.find((value, index) => value < 5 && index > 6);
	document.write(found);
</script>
  • 02: arr (10個の数値が代入された配列です。)
  • 03: found (find()でコールバック関数の条件に見合った最初の配列要素の値が代入されます。)
  • 04: write() (foundに代入された値を出力します。)
実行結果:

目次に戻る