ywork2020.com

Title

Dateオブジェクトの秒の値を取得する

目次 (INDEX)

getSecondsとは

ここで説明するgetSeconds とは次の語句からなるjavascriptのメソッドです。
get
読み: ゲット
意味: 取得
seconds
読み: セコンズ
意味: 秒

目次に戻る

getSecondsメソッドの概要

このメソッドは、Dateオブジェクトが持っている「秒」の値を返します。

戻り値は0から59までの整数となり、時間は地方時に基づいて処理されます。

目次に戻る

構文

サンプルを見る前に構文を確認しておきます。

var seconds = objDate.getSeconds();

目次に戻る

サンプルコードと実行結果

ここでは、このページが読み込まれた時に生成した新しいDateオブジェクトの「秒」の値を書き出します。 インスタンスを生成するときにDate()というように引数を空にすることで現在の時刻をもつオブジェクトが生成されます。

サンプルコード: HTML
<body>
	<script>...</script>
</body>
  • 02: script (プログラムを実行します。)
サンプルコード: script
<script>
	let objDate = new Date();
	document.write(objDate.getSeconds());
</script>
  • 02: objDate (現在のタイムスタンプをもつ新しいDateオブジェクトを生成します。)
  • 03: write() (getSeconds()でobjDateの秒の値を書き出します。)
実行結果:

目次に戻る