ywork2020.com

Title

引数を引数以上の最小の整数に変換する

目次 (INDEX)

Mathとは

ここで説明するMath とは次の語句からなるjavascriptのオブジェクトです。
math
読み: マス
意味: 数学

ceilとは

ここで説明するceil とは次の語句からなるjavascriptのメソッドです。
ceil
読み: セイル
意味: 天井

目次に戻る

Mathオブジェクトceilメソッドの概要

Mathオブジェクトのceilメソッドは引数に与えた数値、または数値に変換可能な値を、その数以上、かつ最小の整数に変換して結果を返します。

これを単純な言い方にすると切り上げ整数を返すということになると思いますが、言葉で表現するだけでは勘違いする場合もあります。 負の数を引数にした場合にはプラス方向にまるめた整数となることを意識してください。

なお、Mathは静的なプロパティと静的なメソッドもつ組み込みオブジェクトであり、コンストラクタではありません。 Mathオブジェクトはインスタンス生成しないで使用してください。

目次に戻る

サンプルコードと実行結果

ここではceilメソッドの引数として四つの値を試してみます。 結果はdocument.write()メソッドで出力しています。

サンプルコード1: script
<script>
	document.write(Math.ceil(0.12345));
</script>
  • 02: 結果出力 (Math.ceilの引数に0.12345を与えて書き出し)
実行結果:
Math.ceil(0.12345) =

引数に与えた「0.12345」は「1」という結果で返ってきました。 結果は切り上げ整数となっています。


サンプルコード2: script
<script>
	document.write(Math.ceil(123.45));
</script>
  • 02: 結果出力 (Math.ceilの引数に123.45を与えて書き出し)
実行結果:
Math.ceil(123.45) =

引数に与えた「123.45」は「124」という結果で返ってきました。 結果は切り上げ整数となっています。


サンプルコード3: script
<script>
	document.write(Math.ceil(-123.45));
</script>
  • 02: 結果出力 (Math.ceilの引数に-123.45を与えて書き出し)
実行結果:
Math.ceil(-123.45) =

引数に与えた「-123.45」は「-123」という結果で返ってきました。 つまり、これは引数に与えた数値をプラス方向にまるめた整数が返ってきているということです。


サンプルコード4: script
<script>
	document.write(Math.ceil(10/3));
</script>
  • 02: 結果出力 (Math.ceilの引数に10/3を与えて書き出し)
実行結果:
Math.ceil(10/3) =

引数に与えた「10/3」は「4」という結果で返ってきました。 これは10÷3 = 3.333 という計算結果をceilメソッドで処理できているということです。

目次に戻る

Math.ceilを使用する上での要点

  1. このメソッドは引数を切り上げ整数に変換する
  2. 負の数を引数にした場合はプラス方向にまるめた整数を返す

目次に戻る