ywork2020.com

Title

確認ダイアログを開く

目次 (INDEX)

window とは

ここで説明する window とは次の語句からなる javascript のグローバル変数であり、Window オブジェクトを参照します。
window
読み: ウィンドウ
意味: 窓

confirm とは

ここで説明する confirm とは次の語句からなる javascript のメソッドです。
confirm
読み: コンファム
意味: 確認する、確かめる

目次に戻る

Window.confirm メソッドの概要

このメソッドは、ブラウザの確認ダイアログを開きます。

Window オブジェクトは window 変数から参照します。 なお、window はグローバル変数であり、コードには window を省略してメソッドから記述することができます。

目次に戻る

構文

サンプルを見る前に構文を確認しておきます。

var blnResult = window.confirm(strMessage);
  • strMessage: ダイアログに表示されるメッセージです。
  • blnResult: OK 、またはキャンセルのどちらが選択されたかを示す真偽値です。 OK = true , Cancel = false

目次に戻る

サンプルコードと実行結果

ここでは、確認ダイアログを使った一通りの処理を見てみましょう。

サンプルコード: HTML
<body>
	<p><button onclick="funOpenConfirm()"> コンファム </button></p>
	<p><output id="idOutput"> 結果表示枠 </output></p>
	<script>...</script>
</body>
  • 02: button (ボタン要素です。これをクリックすると funOpenConfirm() 関数を実行します。)
  • 03: output (出力要素です。確認ダイアログからの戻り値を表示するためにあります。)
サンプルコード: script
<script>
	let elmOutput = document.getElementById("idOutput");
	function funOpenConfirm(){
		let blnResult;
		blnResult = window.confirm('コンファムが押されました。どうしますか?');
		if(blnResult == true){
			elmOutput.innerText = 'OK でした';
		}
		else{
			elmOutput.innerText = 'Cancel でした';
		}
	}
</script>
  • 05: blnResult = window.confirm(); (この部分が確認ダイアログを開きます。)
実行結果:

結果表示枠

目次に戻る