ywork2020.com

Title

画面の横幅を取得する

目次 (INDEX)

window.screen.width とは

ここで説明する window とは次の語句からなる JavaScript のグローバル変数であり、Window オブジェクトを参照します。
window
読み: ウィンドウ
意味: 窓
ここで説明する screen とは次の語句からなる JavaScript のプロパティであり、Screen オブジェクトを参照します。 これは Window オブジェクト のプロパティですので、グローバルプロパティとして解釈されます。
screen
読み: スクリーン
意味: 画面、スライドなどを映して見るための白い幕、間仕切り
ここで説明する width とは次の語句からなる JavaScript のプロパティです。
width
読み: ウィズ
意味: 幅

目次に戻る

window.screen.width プロパティの概要

このプロパティは、画面の横幅を読み取り専用の値として取得します。

目次に戻る

構文

サンプルを見る前に構文を確認しておきます。

var intScreenWidth = window.screen.width;

目次に戻る

サンプルコードと実行結果

ここでは、window.screen.width 、もしくは screen.width の値をコンソールのログに出力しています。

モバイルのブラウザではコンソールを確認できないかも知れませんので、ページ上にも疑似的に値を出力しています。

サンプルコード: script
<script>
	console.log(window.screen.width);
</script>
  • 02: window.screen.width (コンソールのログに screen.width の値を出力しています。)
実行結果:

目次に戻る