ywork2020.com

Title

テーブルにデータを登録する

目次 (INDEX)

INSERT INTOとは

INSERT INTO とは次の語句からなるSQLのデータ登録文です。
Insert
読み: インサート
意味: 差し込む、挿入する
Into
読み: イントゥ
意味: ~の中に

目次に戻る

INSERT文の概要

INSERT文は、データベースのテーブルにデータを登録するためのSQL文です。

テーブルに登録されるデーターは行として登録されます。この1件の行のことをレコードといいます。 レコードというのは、列の各項目のデータを一括りとしてまとめたものということもできます。

補足的になりますが、列のことを「カラム」とか「フィールド」といったりします。また、行のことを「ロゥ」といったりします。

とりあえずの理解としては、INSERT INTOとはデータベースのテーブルにレコードを「挿入する」ためのクエリだということになります。

目次に戻る

INSERT INTOでテーブルにデータを登録

INSERT文でレコードを挿入する場合にはSET句かVALUES句を使います。 SET句を使うと1件のレコードの挿入をシンプルな視認性のコードで記述することができます。 また、VALUES句を使うと1件から複数件のレコード挿入の記述まで対応できますが、少し視認性の悪いコードになるかと思います。

構文 その1: SET句でシンプルな記述

INSERT INTO 任意のテーブル名 SET カラム名1=登録データ1, カラム名2=登録データ2;

上記のサンプルコードの場合は1件のレコードが挿入されます。

カラム名1カラム名2
登録データ1登録データ2

目次に戻る

構文 その2: VALUES句の記述

INSERT INTO 任意のテーブル名(カラム名1, カラム名2) VALUES(登録データ1,登録データ2);

上記のサンプルコードの場合は1件のレコードが挿入されます。

カラム名1カラム名2
登録データ1登録データ2

目次に戻る

VALUES句で複数のレコードを一括登録する

複数件のレコードを一括で挿入する場合、コードの視認性をよくするために改行しながらコードを書くことがありますが、 改行したコードでも各句の間には半角スペースを入れることが必要です。

INSERT INTO 任意のテーブル名(カラム名A, カラム名B) VALUES
	(登録データA1, 登録データB1),
	(登録データA2, 登録データB2),
	(登録データA3, 登録データB3);

上記のサンプルコードの場合は3件のレコードが挿入されます。

カラム名Aカラム名B
登録データA1登録データB1
登録データA2登録データB2
登録データA3登録データB3

目次に戻る

トランザクションについて

トランザクションとはデータベースでデータの追加処理や更新処理をする際に人為的ミスやネットワークエラーなどにより、更新の失敗が あった場合に、処理の一時的なバックアップ機能を使い元のデータに復元することを目的としています。

トランザクションについての基本的なお話しは UPDATE文 のページの「トランザクションについて」の項目で解説していますので、興味がある方はお手数ですがリンクからの参照をお願いします。

目次に戻る

SQL の仕様上の注意点

※ SQL の予約句はアルファベットの大文字と小文字を区別しませんが、 任意で作成したデータベースやテーブル、カラムの名前などは区別されるので注意が必要です。

目次に戻る