ywork2020.com

Title

実数値を最小の整数に丸める

目次 (INDEX)

FLOOR とは

ここで説明する FLOOR とは次の語句からなる SQL の関数です。
floor
読み: フロア
意味: 床、下限

目次に戻る

FLOOR 関数の概要

この関数は、引数に与えた実数値や任意の列の値を最小の整数に丸めて返します。

floor 関数は他の言語の関数にもありますが、ほぼ同じ意味合いを持ちます。

目次に戻る

サンプルコードと実行結果

ここからは実際に稼働しているデータベースに接続してクエリを実行していきます。 下記に配置された各ボタンをクリックすると、ボタンに書かれているサンプルクエリを実行して結果を表示します。

サンプルコード: SQL (FLOOR 関数を使わない場合)

SELECT 実数値 AS 代替カラム名;
実行:

説明:
5.33 という数値を 'FLOOR 無し' というカラム名で表示しています。

サンプルコード: SQL (FLOOR 関数を使った場合)

SELECT FLOOR(実数値) AS 代替カラム名;
実行:

説明:
FLOOR 関数の引数に ( 5.33 ) を与えて処理した戻り値を 'FLOOR 有り' というカラム名で表示しています。

サンプルコード: SQL (FLOOR 関数の引数がマイナスの値だった場合)

SELECT FLOOR(-実数値) AS 代替カラム名;
実行:

参考:
FLOOR 関数は 「 実数を最小の整数にまるめる 」 というキーワードが重要です。

引数が正の実数なら単純に 「 切捨て整数 」 にすると言えますが、負の実数の場合は 「 最小の整数 」 と言っている通りマイナス方向にまるめた整数を返します。

目次に戻る

SQL の仕様上の注意点

※ SQL の予約句はアルファベットの大文字と小文字を区別しませんが、 任意で作成したデータベースやテーブル、カラムの名前などは区別されるので注意が必要です。

目次に戻る