ywork2020.com

Title

文字列を大文字に変換する

目次 (INDEX)

UPPER とは

ここで説明する UPPER とは次の語句からなる SQL の関数です。
upper
読み: アッパー
意味: 上の、上部の、上方の、上位の、

目次に戻る

UPPER 関数の概要

この関数は、テーブルデータ内の文字列や直接に指定した文字列を大文字に変換した結果を返します。

これは、大文字と小文字が使われているアルファベットの変換結果を返すというだけで元のデーターに変更が加えられるわけではありません。

目次に戻る

サンプルコードと実行結果

ここからは実際に稼働しているデータベースに接続してクエリを実行していきます。 下記に配置された各ボタンをクリックすると、ボタンに書かれているサンプルクエリを実行して結果を表示します。

サンプルコード: SQL (UPPER 関数を使わない場合)

SELECT '文字値' AS '代替カラム名';
実行:

説明:
まず、この関数を使わない場合の結果を見ます。

SELECT 文の指定文字列に小文字の 「 abcあぁ 」 をセットしてみました。 問題なく SELECT 文が実行されて 「 abcあぁ 」 が表示されました。 表示するカラム名は AS 演算子を使って「 UPPER 関数を使わない場合 」にしておきます。 それでは、次項で UPPER 関数を使った場合を見てみましょう。

サンプルコード: SQL (UPPER 関数を使った場合)

SELECT UPPER('文字値') AS '代替カラム名';
実行:

説明:
UPPER 関数を使ったクエリを検証しました。

指定文字列である 「 abc 」 は 「 ABC 」 と変換されて表示されました。 しかし、日本語の 「 あぁ 」 の部分は小文字の「ぁ」は大文字にはなりませんでした。 結果として、このように UPPER 関数を使うとアルファベットの小文字が大文字に変換されて表示されますが日本語には対応していません。 なお、この指定文字列の部分にテーブルのカラム名を指定すれば任意の列の値にも対応することができます。

目次に戻る

SQL の仕様上の注意点

※ SQL の予約句はアルファベットの大文字と小文字を区別しませんが、 任意で作成したデータベースやテーブル、カラムの名前などは区別されるので注意が必要です。

目次に戻る